置き換えダイエットで簡単に痩せる|カロリーを抑えてくれる働き

人気のダイエット法

笑顔のレディー

置き換えダイエットは、常に人気のあるダイエット法の一つです。しかし、無理な置き換え方によっては、リバウンドや体調不良を招きます。なので、置き換えない他の食事の栄養バランスや、運動による体作りがとても重要になります。

もっと読む

成功させるダイエット食品

飲み物

置き換えダイエットで置き換えるダイエット食品は自分で作ることもできますが、含まれる栄養素やカロリーが明確ではありません。置き換えダイエットの専用食品を使うと手間もかからないし、含まれる内容物も分かるのでカロリー計算しながら安心して使えます。

もっと読む

無理のないダイエット

女性

食事を減らすのが一番

体重を減らすには運動で体を動かしてカロリーを消費するか、食べる量を減らすかのどちらかが考えられます。運動で減らそうとすると、1キログラムの体脂肪7200kcalを減らすのに必要な運動量はフルマラソン3回分になります。体重50kgの人が毎日5kmを1か月ジョギングして1kgの体重が減る勘定です。体重1kgを減らすためにこれだけなので、リバウンドして失敗する人が多いのもうなずけます。上記のジョギングで消費するカロリーは240kcal/日ですが、毎日の食事を減らして体重を1kg減らそうとするなら、成人女性の1日の摂取カロリーの目安1800〜2500kcalなので全体の10%程度を減らせばいいことになります。置き換えダイエットは上記のような考え方で、1日3食のうち1食または2食をダイエット食品に置き換えることで食事制限のストレスを軽減させ、無理なく続けさせようとするものです。

運動でデメリット克服

置き換えダイエットはダイエットを食事の摂取カロリーを減らすだけで簡単に実現しようとするので、デメリットも出てきます。摂取カロリーを減らすと体が低エネルギーで生活できるような省エネ体質になるので、置き換えダイエットを止めた途端に増えたカロリーの分だけ太ってしまいます。置き換えダイエットは体の筋肉量が減りやすく、基礎代謝も下がるのでダイエット前より太りやすい体質になりやすいのです。したがってある程度の運動、有酸素運動や筋トレを行う努力が必要になります。ただし、運動は軽めで無理をしない程度がお勧めです。もちろん運動した分のカロリーも減るのでダイエットにはプラスです。食事を減らすことになるので摂取する栄養素に偏りが出てくる可能性があります。置き換えるダイエット食品の内容を考慮して過不足が出ないローテーションを組むようにしましょう。

肥満対策の新しい代替調理

考え事

置き換えダイエットとは食事の一部を専用の低カロリー食品に置き換える事で、カロリー摂取量減少を図る方法として知られていました。しかし近年では、通常の食材同士や調理法の置き換えをする事でその効果を期待する方法も挙げられています。効果を上げるためには、食材の選別や噛み応えを増やす対処に注意すると良いでしょう。

もっと読む